生活リズムが乱れる危機を救え【トイレ水漏れは初動が肝心】

探すと出てきます

換気扇

換気扇はこまめに清掃をしないとギトギトの油汚れに悩まされる場所です。そのままにしておくと、吸い込みが悪くなるだけでなく家じゅうが油臭くなります。最近では複雑な構造のものもあるため、むやみに素人が清掃使用とせずに、専門業者に依頼しましょう。その際に激安の所を探すと頻繁に利用できます。

もっと読む

真新しい我が家で暮らす

室内

いいリフォームをしたければ本当に信頼できる工務店さんにお願いをすることが何よりも大切です。さらに、お願いをする工務店さんは岐阜市でリフォームをするのであれば近隣の愛知県にまで選択の範囲をひろげてみると、選択肢が増えて素敵な工務店さんと出会える確率が高くなります。

もっと読む

入居希望者が増えています

部屋

マンションやアパート・ビル等の建物はリノベーションをする際の費用も現状回復よりは高くなってしまいます。しかし、空室がなくなる事を考えると少し費用を掛けてでもリノベーションして入居希望者が多くなった方が良いと考えられて福岡でも人気となっています。

もっと読む

トイレの水が漏れたら

トイレ

原因を探しましょう

トイレのドアを開けたら床一面水浸し、そんな経験はありませんか。場所が場所だけに、トイレ水漏れには慌ててしまいますね。特にアパートやマンションでは溢れ出た水で階下の住人に迷惑をかけてしまうこともあります。水漏れを発見したら、第一に水の供給を断つことが重要です。まずは、トイレの止水栓を捻ってこれ以上水が漏れ出さないようにしましょう。止水栓はタンクへの給水管についています。止水栓自体が劣化している時や止水栓から水が漏れている場合は水道の元栓も閉じておいた方がよいです。その次に、トイレ水漏れの場所を特定します。止水栓のほか、給水管・配管、トイレタンク、便座本体や便座と床の隙間から水が漏れることが多いようです。生活リズムが乱れる危機を救いましょう。

自分で修理できます

トイレ水漏れの場所によっては、自分で修理することも可能です。給水管・配管の連結部分のナットが緩んでいたり、パッキンの劣化が原因の場合は、ナットを締めたりパッキンを取り替えることで解決できます。タンクからの水漏れはゴムフローや排水弁の劣化が原因のことがあります。また、タンクへの給水やタンクからの排水が上手くいかないと水が溢れ出る原因になります。その時はタンクへの給水量を調節すると良いでしょう。注意すべきなのは、ウォシュレットに代表される温水洗浄便座から漏れている時です。電化製品なので自己流で修理すると、さらに破損したり感電の危険を伴います。また、便器自体から水が漏れる時は便器にヒビが入っている可能性があります。このように自力で修理できない時は、無理をせずトイレ水漏れ専門の業者に依頼する方が安全です。専門の業者に依頼すれば、根本的な原因も見つけてくれますし、何より対応や修理が早く済みます。さらにトイレ水漏れ部分以外にも、何か不具合が生じていないかをチェックしてもらうことも可能です。